大学合格のための塾選び|自分の学力に合った塾を選ぶ

国立と公立と私立の違い

男性女性

年明けの時期は受験生にとっては、最後の追い込みの時期です。この時期は、高校三年間で学んで来たことを頭の中に叩きこみ、受験本番に向けてラストスパートしていることでしょう。そんな受験生の子供を持つ親御さんは、大学を合格した際に必要になる学費のことも、そろそろ考えないといけない時期になっています。

大学は、国立大学と公立大学と私立大学があります。それぞれ学費が異なってきます。最初に一般的な国立大学の学費を紹介します。国立大学の場合は、入学金と授業料をあわせると、81万円程度になっています。法律では、2割増までは認められているので、各国立大学、各学部によって授業料は若干増えることもあります。国立大学は、日本の大学の中でも、高い偏差値ですので簡単に合格は出来ません。倍率も高いのが特徴です。国立大学に進学したい人はしっかりと勉強を行いましょう。

次に、公立大学の学費を紹介します。初年度に必要になる学費は、65万円から105万円の範囲です。公立大学の場合は、住んでいる地域によって学費は変わります。ですから、目指している公立大学のパンフレットやホームページで確認をしておきましょう。

最後に私立大学の学費です。私立大学は、国立大学や公立大学と比べると学費が高くなる傾向にあります。しかし、日本には多くの私立大学があるので、私立大学に通っている学生も多くいます。学部によってもかわりますが、一般的には150万円程度です。医学部の場合は、800万円以上必要になることもあります。授業料が高いので、多くの学生が奨学金制度を利用しています。