大学合格のための塾選び|自分の学力に合った塾を選ぶ

簡単に書く方法

学生と教師

大学を受験するためには、センター試験を突破しなくてはいけません。自分の受験する学部によって、センター試験の科目は変わります。ですから、数科目のみの受験生もいるでしょう。ほとんどの科目を勉強しなくてはいけない受験生もいます。センター試験が終ると、2次試験があります。2次試験では、小論文や面接、テストなどをします。中でも難しいのが、小論文です。高校でも勉強する機会はほとんどなく、受験前に対策を講じる受験生も少ないでしょう。小論文では、センター試験の結果が悪くても挽回することが出来ます。そのため、小論文に力を入れる必要があるでしょう。

しかし、文章を書くことが苦手な受験生も多くいるでしょう。ココでは小論文を簡単に書くためのコツを紹介します。小学生の頃から作文を授業で書いていました。しかし、作文と小論文は少し違います。小論文では、テーマよく理解して、自分が書くことを最初と最後に書きます。小論文のテーマごとに、何を伝えようとしているのかを、誰にでも分かる言葉で簡潔にまとめましょう。その後に、テーマに関する具体的な例や自分の体験、理由を書きます。コレが小論文の内容になります。ですから、内容は詳細に書く必要があります。内容に自分の体験を加える事で、最初の結論をよりわかりやすくしましょう。そして、最後にもう一度自分の伝えたいことを書きます。コレが小論文を簡単に書く方法です。

小論文は大学受験において、とても重要です。小論文のテーマによって、書くことが難しくなるので、過去の小論文の問題を解いてみましょう。何度も練習することでコツが掴めるはずです。